日阪は何をしている会社か

日阪は正式名称を株式会社日阪製作所と言い、1942年に操業開始となった会社です。

日阪に関するご質問を解決いたします。

主に産業機械製造販売業を中心とした事業を展開しており、2017年3月末に発表された売上は250億円となっています。

日阪は自動車や半導体など、生活の中で身近な存在であるものを製造する機械のほか、建設や製紙、あるいはエネルギーに関わる機械も作っています。また、化学分野にも強いため、染色や医薬・化粧品などの産業機械製造においても業績があります。
そのほか発酵・蒸留に関連のある機器や冷凍ができる機器などにも携わっており、食品分野にも貢献しています。



ステンレス加工技術に優れており、中でも熱エネルギーの効率化や、食品・医薬品の安全性、多彩な染め技術に定評があります。工場関連の機械製造においては、要求されることが企業によって異なるため、製品がニッチなものになりやすいです。しかし、このニッチ市場は他社に参入されにくく経営の安全性が高いので、倒産してしまってアフターメンテナンスが行えないなどのトラブルの心配がありません。


また、多様な要求に応えられるため、複数分野で高シェア商品を保有しています。

日阪の活躍は日本のみにとどまりません。



海外へは特にプレート式熱交換器と液流染色機の売上が好調であり、その品質は世界でも広く認められています。
液流染色機だけでも世界38ヶ国に7000台以上の納入実績を持ち、他の製品もトータルして数えると輸出の経歴は120ヵ国以上にのぼります。